愛知県岡崎市のお客様からホワイト ニッカ ウイスキー 1級を高価買取しました!

目次

愛知県岡崎市のお客様からホワイト ニッカ ウイスキー 1級を高価買取しました!

本日は愛知県岡崎市まで出張買取をさせて頂き、ホワイト ニッカ ウイスキー 1級などの古酒ウイスキーを多数ご売却頂きました!
こちらのホワイトニッカは、あまり聞きなれない方も多いのではないでしょうか?ブラックニッカは有名ですが、当時ブラックニッカは高級ウイスキーとしての立ち位置であった為、より多くの人にウイスキーを楽しんでもらいたいということから、このホワイトニッカが誕生しました。
国産ウイスキーだと山崎、響ばかりに注目が集まりがちですが、ニッカウヰスキーも大変人気の銘柄です。
お持ちの方は是非リカルまでお問合せ下さいませ!

ニッカウヰスキーとは?

ニッカウヰスキー株式会社: The Nikka Whisky Distilling Co., Ltd.)は、日本洋酒メーカー[注 1]。アサヒグループの機能子会社。
1934年昭和9年)、広島県賀茂郡竹原町(現・竹原市)出身の竹鶴政孝によって北海道余市郡余市町に「大日本果汁株式会社」が設立され、同社の略称「日果(にっか)」の片仮名書きが現在のブランド名になっている。2001年平成13年)、筆頭株主アサヒビール株式会社(現在のアサヒグループホールディングス)が全株式を取得して完全子会社化された。ニッカウヰスキーが製造する商品の販売はアサヒビールが行なっている。
寿屋(サントリーホールディングスサントリースピリッツの前身)でウイスキー製造に従事していた竹鶴政孝が、スコットランドに近い気候の北海道でウイスキー作りをするために退社し、資本を集めて北海道余市で創業したのが始まりである。
1934年(昭和9年)7月2日、大日本果汁株式会社設立、本店(本社)を東京府東京市大森区新井宿(現在の東京都大田区山王)とし、資本金10万円で商業登記[3] [4] [5]
最初期の筆頭株主は、加賀証券社長の加賀正太郎。加賀は社内では「御主人様」と呼ばれ、創業者の竹鶴は専務と呼ばれた。

ウイスキーは製造開始から出荷まで数年かかるため、最初期は余市周辺の特産品であったリンゴを原料に、リンゴジュース(商品名は日果林檎ジュース、のちに敵性語排斥によって日果林檎汁に改名)、リンゴワイン、リンゴゼリー、リンゴケチャップなどを製造・販売していた。しかし、創業者竹鶴の品質へのこだわりはリンゴジュースにも及び、高価な果汁100%ジュースしか出荷しなかったため、あまり売れなかったという[6]
1940年(昭和15年)にウイスキーの出荷を開始[7]。製品はリンゴジュースの商品名「日果」をカタカナにし、ニッカウヰスキーと名づけられた。直後にウイスキーは統制品となり、大日本果汁は海軍監督工場となった。当時スコッチウイスキーの国内最大の消費者は帝国海軍であったが、イギリスからのウイスキー輸入が途絶えたため、日本国産ウイスキーへの需要が高まった。このときは将校への配給用の酒を製造するために優先的に原料の大麦が割り当てられたため、事業の継続が可能となった。

【商品概要】
容量:720ml/50ml
度数:42%
種類:ブレンデッド
級種:1級
希望小売価格:1,200円
販売期間:1968年6月~1976年

ニッカウヰスキーWikipedia引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B0%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

その他ニッカウヰスキーも高価買取中!

竹鶴・余市・宮城峡など、山崎・響・白州に劣らない人気を誇る名酒が勢揃いのニッカウイスキーですが、名古屋市中区にあるお酒のリカルでは高価買取を行っております!
製造本数も少ない為、プレミア価格が付きやすいのも特徴です!
ニッカウヰスキーのご売却をご検討されているお客様は、名古屋市中区錦にあるお酒買取専門店リカルまでご相談くださいませ!古いお酒の整理や飲食店様の在庫処分なども承っております!

お酒を電話で査定

お酒をLINEで査定

LINE査定

当店のLINEアカウントのQRコードを読み取るかバナー画像をタップしていただき、『お酒買取専門店リカル』のLINEアカウントを友達登録後、お酒の画像を送っていただくことで査定が可能です。画像が多いほど(全体像、表ラベル、裏ラベル、液面の高さがわかる画像、キャップ画像など)査定金額がより正確になります。ぜひお気軽にLINE査定をご利用ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる