愛知県名古屋市で十四代 龍月・双虹の買取を絶賛強化中です!

目次

お酒買取専門店リカルでは十四代 龍月・双虹の買取を強化中です!

近年ジャパニーズウイスキーが海外で注目され人気となっておりますが、実は日本酒の十四代も海外の認知度が向上し年々買取金額が大幅にアップしております!十四代は幻の日本酒と言われておりますが、その名の通り通常では入手することが非常に困難であり、その為プレミアム価格が付いております。
日本酒という性質上日持ちするお品物ではない為、新しければ新しい程買取価格はアップ致します。
十四代のご売却をご検討のお客様は、愛知県名古屋市名駅にあるお酒買取専門店リカルまでご相談下さいませ!

愛知県で十四代 龍月・双虹の買取は、名古屋市中村区名駅にあるお酒買取専門店リカルにお任せください!

幻の酒と称される人気シリーズ

十四代には、さまざまなシリーズが存在している。「十四代 龍月」は特に希少価値が高く幻の酒と言われており、なかなかお目にかかれない、と話題だ。「十四代 龍月」は、精米歩合40%の純米大吟醸であり、こだわりが詰め込まれた1本として知られている。ほかにあるプレミアムシリーズ以上の、高級酒として位置づけられており、多産していないことからも「十四代 龍月」はかなり高額な価格で取引されることになるのだ。

米と水にこだわった独自の製法

「十四代」は、使用している米に徹底的にこだわっている。トップレンジの「龍泉」は、「龍の落とし子」という米を使っているが、「十四代 龍月」はシンプルに山田錦を醸している。その昔、「愛山」という酒米でこの酒を醸していたのだが、今では山田錦を使用して、さらに洗練された味わいを表現しているのだとか。伝統と、近代的な技法を駆使して醸し出されるこの味は、一度飲んだら忘れられない最高の味わいになっている。

希少性が高く入手が困難である

「十四代 龍月」が高額になる理由として、シンプルに需要と供給量のバランスが取れていない、ということがある。そもそも、高木酒造は大規模な蔵元ではないために、生産量が少ない。十四代自体、蔵元が認めている酒屋にしかおろさないということで、生産量も極端にしたことでブランディングが成功した蔵元なのだ。今もそのスタイルは貫かれていることからなかなか手に入らず、「十四代 龍月」の価格が高騰している。

その他の十四代シリーズも高価買取中!

幻の日本酒と言われる十四代には他にもシリーズがあり、全シリーズ高価買取中です!

・日本酒十四代の銘柄一覧
【大吟醸】
龍泉、白雲去来、龍月、双虹、七垂二十貫、中取り大吟醸、角新 播州山田錦、極上諸白、超特撰、秘蔵酒、龍の落とし子、酒未来、黒縄、白鶴錦、雪女神、特吟
【吟醸】
播州山田錦、播州愛山、備前雄町、赤磐雄町、龍の落とし子、酒未来、白鶴錦、槽垂れ 角新、おりからみ 角新、角新 出羽燦々、無濾過、無濾過 角新、純米 角新、別撰、吟撰
【本醸造】
秘伝玉返し 本丸、本丸 角新

十四代のご売却をご検討のお客様は、お酒買取専門店リカルまでご相談下さいませ。まとめ売りで更に買取価格アップの可能性が御座います。

お酒を電話で査定

お酒をLINEで査定

LINE査定

当店のLINEアカウントのQRコードを読み取るかバナー画像をタップしていただき、『お酒買取専門店リカル』のLINEアカウントを友達登録後、お酒の画像を送っていただくことで査定が可能です。画像が多いほど(全体像、表ラベル、裏ラベル、液面の高さがわかる画像、キャップ画像など)査定金額がより正確になります。ぜひお気軽にLINE査定をご利用ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる