名古屋市中区のお客様からワイルドターキー 14年 マスター ディスティラー セレクションを買取しました!

目次

名古屋市中区のお客様からワイルドターキー 14年 マスター ディスティラー セレクションを高価買取しました!

名古屋市中区のお客様からワイルドターキー 14年 マスター ディスティラー セレクションを買取しました!
「ワイルドターキー」のブランド名は、1940年に遡り、当時のオースティン・ニコルズの社長、トーマス・マッカーシーが自慢の101プルーフ(アルコール度数50.5%)のバーボンを七面鳥ハンティング仲間にふるまったところ好評を博し、仲間の一人が七面鳥にちなんで「ワイルドターキー」と名付けたことに由来するそうです。

ワイルドターキーの買取は名駅のお酒のリカルにお任せください!

「ワイルドターキー14年 マスター ディスティラー セレクション」は、60年以上のキャリアを誇るワイルドターキー蒸留所の現役マスターディスティラー、通称「ブッダ・オブ・バーボン」のジミー・ラッセル氏が一樽の原酒と運命的に出会ったことから始まります。
ワイルドターキー蒸留所で貯蔵されている46万にもおよぶ原酒樽からジミー・ラッセルが見つけた1992年に樽詰めされた酒齢14年の原酒は、長期熟成を経てなおスムースでパワフルなフィニッシュだったそうです。
その素晴らしい出来に魅せられた彼は、この14年物にバレルプルーフバーボンとしての息吹を与え、限定品として結実することとなります。
ジミー・ラッセルが床掃きから学んだバーボン造りの技術と実績、そして決して妥協することのないワイルドターキーの信念と旨いバーボンを造るという情熱があってこそ活かされたこの14年熟成原酒との出会いは、世界中のウイスキーファンにとっても素晴らしい結果へと導きました。

ワイルドターキー等のバーボンウイスキーも高価買取中!

お酒買取専門店リカルでは、国産ウイスキーだけでなくスコッチやバーボンウイスキーなど海外ウイスキーの買取も行っております!
弊社の強みでもある、「必要なところへ必要なものを」精神で、必要としてくれているお客様の元へ直接お届け致します。お酒の事ならなんでもご相談くださいませ。

お酒を電話で査定

お酒をLINEで査定

LINE査定

当店のLINEアカウントのQRコードを読み取るかバナー画像をタップしていただき、『お酒買取専門店リカル』のLINEアカウントを友達登録後、お酒の画像を送っていただくことで査定が可能です。画像が多いほど(全体像、表ラベル、裏ラベル、液面の高さがわかる画像、キャップ画像など)査定金額がより正確になります。ぜひお気軽にLINE査定をご利用ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる