名古屋市瑞穂区のお客様からイチローズモルト ダブルディスティラリーズ 秩父×駒ヶ岳 2021を高価買取させて頂きました!

目次

名古屋市瑞穂区のお客様からイチローズモルト ダブルディスティラリーズ 秩父×駒ヶ岳 2021を高価買取しました!

名古屋市瑞穂区のご新規より、イチローズモルト ダブルディスティラリーズ 秩父×駒ヶ岳 2021をお買取りさせて頂きました!
今回のこちらのお品物は、先月下旬頃より本数限定で発売されました。日本初の原酒交換によるヴァデットモルトとなっており、2015年より開発を進め約6年の歳月を経て完成されました。
「自社で造ることができない原酒を確保し、その酒質が環境により、どう変化していくのか実感できる。共同企画は、単なる原酒交換にとどまらず、ブレンダーや造り手の腕前を磨くことにも繋がった。メーカーとして互いに高め合うことが、ジャパニーズウイスキーの技術水準や品質向上に繋がると考える」(ベンチャーウイスキー代表取締役社長肥土伊知郎氏)。
今後も継続して原酒交換を実施する予定。「今回の共同企画を通じて新たなジャパニーズウイスキーの可能性を知っていただき、楽しんでいただきたい」。
と仰られており、今後の動向が注目です!
お酒買取専門店リカルでは、定番品のウイスキーだけではなく限定品や新商品の買取も強化しております。ご相談はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

イチローズモルト ダブルディスティラリーズ 秩父×駒ヶ岳 2021の買取は名古屋市中区錦のリカルにお任せください!

【以下はメーカー資料転写】
2008 年から稼働を始めた秩父蒸溜所、そして 2011 年に蒸溜を再開した本坊酒造 マルス信州蒸溜所。
高い志を持った二つの蒸溜所が、ジャパニーズウイスキーの新たな可能性を追求して立ち上げた
このプロジェクトは、6 年前の原酒の交換から始まりました。
盆地特有の寒暖差と荒川の恩恵を受けた自然豊かな秩父蒸溜所、中央アルプス駒ヶ岳山麓の美しい森に囲まれた信州蒸溜所。
この二つの環境で熟成を重ねた原酒は、それぞれの地でブレンドされ、新たな個性となって表現されました。
柔らかく透明感のあるフルーティーさ、そして少しずつ丁寧に重ねた香りの層が、深みとなって時間と共に
ゆったりと感じられます。
本品はその特徴を生かすため、アルコール分高め、ノンチルフィルター、そしてナチュラルカラーでボトリングしました。
様々な可能性を秘めたジャパニーズウイスキーの魅力を、是非お楽しみください。
愛知県近郊で響の買取をお探しのお客様、処分にお困りのお客様は、名古屋市中区にあるお酒買取専門店リカルまでお問い合わせ下さい。

その他イチローズモルト シリーズも高価買取中!

イチローズモルトの主な受賞歴

【主な受賞歴】

  • 2006年 ウイスキー専門誌『ウイスキーマガジン』ジャパニーズモルト特集
  • 2007年~2013年 『ワールドウイスキーアワード』
  • 2012年 ウイスキー専門誌『ウイスキーアドボケート』
  • 2017年 ワールドウイスキーアワード
  • 2018年 ワールドウイスキーアワード
  • 2019年 ワールドウイスキーアワード
  • 2020年 ワールドウイスキーアワード
  • 2021年 ワールドウイスキーアワード ※5年連続

お酒を電話で査定

お酒をLINEで査定

LINE査定

当店のLINEアカウントのQRコードを読み取るかバナー画像をタップしていただき、『お酒買取専門店リカル』のLINEアカウントを友達登録後、お酒の画像を送っていただくことで査定が可能です。画像が多いほど(全体像、表ラベル、裏ラベル、液面の高さがわかる画像、キャップ画像など)査定金額がより正確になります。ぜひお気軽にLINE査定をご利用ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる