愛知県豊橋市のお客様からニッカ 宮城峡蒸留所限定ウイスキー 6本セットを高価買取しました!

愛知県豊橋市のお客様からニッカ 宮城峡蒸留所限定ウイスキー 6本セットを高価買取しました!

本日は愛知県豊橋市にお住まいのコレクター様より、コレクションの一部をお譲り頂きました!
その他にもたくさんのコレクションをお譲り頂きましたが、今回はその中から、宮城県仙台市にある宮城峡蒸留所限ウイスキーについてご紹介しようとおもいます!
国産ウイスキーだと山崎、響ばかりに注目が集まりがちですが、余市、宮城峡も大変人気の銘柄です。
お持ちの方は是非名古屋市中区にあるお酒買取専門店リカルまでお問合せ下さいませ!

目次

愛知県豊橋市で宮城峡蒸留所限定ウイスキーの買取は名古屋市中区錦のお酒買取専門店リカルにお任せください!

概要

北海道工場余市蒸溜所と並ぶニッカウヰスキーの原酒工場であり、スコッチ・ウイスキーの本場であるスコットランドの風土に例えて「ハイランド余市とローランド宮城峡」と表現されることもある[† 1]標高は余市が約1.5m、宮城峡が約235m[6])。また、余市は「男性的」、宮城峡は「女性的」とも評価される[7][8]
仙台工場では「宮城峡」をはじめとしたシングルモルトウイスキーのほか、グレーンウイスキー(主原料:トウモロコシ)を製造する。当工場で製造されたグレーンウイスキーの熟成やブレンドされたウイスキーの再貯蔵は、栃木県の栃木工場で行う。
作並温泉定義如来にも近く、毎年17-18万人が工場見学に訪れており[9]、仙台市西部(旧宮城町)の観光拠点の1つともなっている。工場見学の業務等は(株)仙台ニッカサービスが担当している[2][10]。なお、宮城県は1人当たりのウイスキー消費量が、東京都に次いで全国2位である(2012年度)[11]

沿革

1964年昭和39年)5月4日に開始されたGATTケネディ・ラウンド[12]において、高度経済成長を実現した日本に対しイギリスなどから輸入洋酒関税が高過ぎると圧力を受けた[13]。外圧に抗しきれなくなった日本政府は、1971年(昭和46年)1月1日から洋酒の完全自由化を、1972年(昭和47年)4月1日からはウイスキー等の関税引き下げを実施することになった[12][13]。また、世界的な固定相場制から変動相場制移行の中で英ポンド為替レートは、1967年(昭和42年)まで1ポンド=1,008円の固定レートだったが、1973年(昭和48年)には年平均で1ポンド=約650円へと下落[14]。その結果、輸入量が増大して「第三次ウイスキー戦争」とも呼ばれる状況に陥いることになる[12][13]。さらに、1967年(昭和42年)から団塊の世代1947年1949年生まれ)が飲酒可能年齢20歳に達し始め、国内の酒販市場拡大が期待された。
このような状況を前にニッカウヰスキーでは、製品の拡大を図るために1967年(昭和42年)から竹鶴威が中心となり本格的に北海道工場(余市蒸溜所)の他に新たな原酒工場(蒸溜所)の候補地を探した[13][15]。その際の条件は以下のものである。

  • 余市がある北海道より南に位置すること[† 2]
  • 付近に水のきれいな河があり、できれば平坦な土地であること。

調査の結果、仙台市都心部から西に約20kmにある、新川川広瀬川の合流地周辺が上述条件を満たしており、さらに両河川の温度差によりがよく発生する場所でもあり、ウイスキーの貯蔵にも適していることが判明[16]。同年5月12日に創業者の竹鶴政孝が訪れ、新川の水でブラックニッカの水割りを作って飲み水質を絶賛、すぐさまこの場所に建設を決定した[17]。わずか2年後の1969年5月に竣工を迎えた。
バブル景気期になると、仙台工場が所在する宮城町は仙台市に編入合併され、住所が「宮城郡宮城町」から「仙台市」に変更となった。すると、蒸溜所名に「仙台宮城峡」を用いる製品が生まれ、「仙台宮城峡蒸溜所」「宮城峡蒸溜所」という名称が使われ始めた。酒販小売免許の需給調整要件の廃止やウイスキーの関税撤廃が進む中[12]2001年(平成13年)にニッカウヰスキーがアサヒビールの完全子会社となると、余市蒸溜所が国内初のSMWS認定 (No.116) されたのに伴って仙台工場も2000年代前半より商品名、SMWS認定 (No.124)、商標を通じて「宮城峡蒸溜所」として訴求するようになった。
なお、1992年(平成4年)のガーデンハウス「赤レンガ」のオープン以降、敷地内のニッカ池周辺や新川川の河原などで花見芋煮会が行われるようになり、一般客にも開放されるようになったが、環境保護のため2006年(平成18年)1月[18]に取りやめた。

宮城峡蒸溜所ウィキペディアより引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E5%B3%A1%E8%92%B8%E6%BA%9C%E6%89%80

ニッカ 蒸留所限定ウイスキーシリーズの紹介

【宮城峡蒸留所限定ウイスキーラインナップ】
・ニッカ 宮城峡蒸留所限定 モルティ&ソフト
・ニッカ 宮城峡蒸留所限定 フルーティ&リッチ
・ニッカ 宮城峡蒸留所限定 シェリー&スイート
・ニッカ 蒸留所限定 アップルブランデー フルーティ&スイート
・ニッカ 蒸留所限定 アップルブランデー ウッディ&メロウ

宮城峡の種類は多く、その他にもたくさんの限定ウイスキーが発売されています。
宮城峡の買取は名古屋市中区錦にあるお酒のリカルにお任せください。他店徹底対抗で買取強化中です!

お酒を電話で査定

お酒をLINEで査定

LINE査定

当店のLINEアカウントのQRコードを読み取るかバナー画像をタップしていただき、『お酒買取専門店リカル』のLINEアカウントを友達登録後、お酒の画像を送っていただくことで査定が可能です。画像が多いほど(全体像、表ラベル、裏ラベル、液面の高さがわかる画像、キャップ画像など)査定金額がより正確になります。ぜひお気軽にLINE査定をご利用ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる