名古屋市昭和区のお客様からベリーオールド セントニック 12年 アンティーク バレルを買取しました!

名古屋市昭和区のお客様からベリーオールド セントニック 12年 アンティーク バレルを高価買取しました!

名古屋市昭和区のお客様からベリーオールド セントニック 12年 アンティーク バレルを買取しました!
皆さんは、ヴェリーオールドセントニックという名のウイスキーをご存知でしょうか?根強いファンがいながらも幾度と市場から消えたこのバーボンウイスキーは、『2020 San francisco World Spirits Competition』でDOUBLE-GOLDを受賞するなど凄いウイスキーなんです!
ベリー・オールド・セントニックは、生産量が非常に少ないウイスキーです。手作りのバーボンを造るという強い信念のもと、わずか3人ながらも熟成から瓶詰めまですべて手作業で行い、徹底的に品質を追求しています。べリー・オールド・セントニックの名前は、ラベルに描かれている「ニック」というおじいさんが禁酒法時代に森の奥でバーボンを熟成し、クリスマスが近づくと限られた人に売っていたという話からきているそうです!
名古屋市中区にあるお酒買取専門店リカルでは、ベリーオールドセントニックなどのヴィンテージバーボンウイスキーを買取強化中です!なかなかお持ちの方は少ないかと思いますが、是非ご売却を検討されているお客様は、一度当店までご相談下さい!

目次

愛知県名古屋市でベリーオールド セントニック 12年 アンティーク バレル の買取は中区錦のリカルにお任せください!

「ベリーオールド・セントニック(Very Olde St.Nick)」。
ラベルに描かれた爺さんはサンタのルーツの聖ニコラウスではなく、禁酒法時代にアメリカ・ケンタッキー州の森に住んでいたというニック爺さん。
ニック爺さん、隠れて密造酒をこさえて、こっそり流していたそうです。そのバーボンがあんまり美味しいってんで、聖ニックの愛称がついたとか。
1919年から1933年まで、アメリカでは禁酒法が施行されていました。当時を描いた映画(アンタッチャブルのエリオット・ネス)を観ても、酒を飲もうと思えば手段はいくらでもあったんだろうけど。
バーボン「セントニック」はヘヴンヒル蒸留所「セブン・ヘブン」からバーボン原酒を買い取って、自分の所で熟成させてます。セブンへヴンとは、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の天国にあるとされる7つの階層で、天使の住処を意味です。熟成から瓶詰め作業までをわずか3人で行ない、年に2回しか製品化されない、非常に生産量が少ないプレミアム・バーボンです。

ベリーオールド セントニック 等のバーボンウイスキーも高価買取中!

お酒買取専門店リカルでは、国産ウイスキーだけでなくスコッチやバーボンウイスキーなど海外ウイスキーの買取も行っております!
弊社の強みでもある、「必要なところへ必要なものを」精神で、必要としてくれているお客様の元へ直接お届け致します。お酒の事ならなんでもご相談くださいませ。
愛知県名古屋市で希少なバーボンウイスキーを高価買取しております!コレクター様からのご依頼も大歓迎ですので、気になるお客様は一度お問い合わせ下さい。

お酒を電話で査定

お酒をLINEで査定

LINE査定

当店のLINEアカウントのQRコードを読み取るかバナー画像をタップしていただき、『お酒買取専門店リカル』のLINEアカウントを友達登録後、お酒の画像を送っていただくことで査定が可能です。画像が多いほど(全体像、表ラベル、裏ラベル、液面の高さがわかる画像、キャップ画像など)査定金額がより正確になります。ぜひお気軽にLINE査定をご利用ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる