三重県四日市市のお客様から、十四代 中取り大吟醸 播州山田錦 720mlを高価買取させて頂きました!

三重県四日市市のお客様から、十四代 中取り大吟醸 播州山田錦 720mlを高価買取させて頂きました!

本日は、 三重県四日市市にお住いの常連様より、十四代 中取り 大吟醸 播州山田錦 1800mlを高価買取させて頂きました!
十四代は山形県にある高木酒造で醸造されている日本酒です。高木酒造は1615年に創業し、以来現在まで日本酒造りを続けています。創業当初は「朝日鷹」というブランド名を使っていました。
ブランドの名前が朝日鷹から十四代に変わったのは、14代目から15代目に引き継がれるタイミングでした。十四代という特徴的なネーミングは、偶然の産物だったとか!?
名古屋市中区錦にあるお酒買取専門店リカルでは、十四代の買取に力を入れております。
十四代のご売却をご検討されているお客様は、愛知県名古屋市にあるお酒買取専門店リカルにご相談くださいませ♪

目次

三重県で、日本酒 十四代の買取は、愛知県名古屋市中村区名駅にあるお酒買取専門店リカルにお任せください!

【十四代が幻と言われる理由について】

『十四代』のブランド名を名付けたのは高木顕統氏の父である高木辰五郎氏と言われています。徹底して手抜きしないで醸(かも)すそのお酒は国内外でお酒のプロから高い評価を受け、獺祭(だっさい)、磯自慢(いそじまん)、飛露喜(ひろき)、而今(じこん)等と同じく『十四代』は入手困難な日本酒の代名詞とも言われるまでになりました。
時をさかのぼり平成6年頃、日本酒界隈では新潟の端麗辛口の味わいがブームでした。丁度その頃、日本酒界隈の流行りを無視するかのように風味豊かでフルーティーで甘みのある大吟醸酒『十四代』が現れた事で端麗辛口ブームを超える一代ムーブメントに日本酒界隈を変えていったと言われています。
それ以来、『十四代』は全国各地の酒屋さんや量販店がこぞって販売するようになり、山形県のプレミア日本酒の銘柄として揺るぎない日本酒の地位を得る事になります。日本酒ファンの間ではますます人気が高まり、なおかつ醸造を行っている高木酒造が自社メディアを持っていなかった事から『十四代』の情報が出回らず、『幻の日本酒』として知られるようになったのです。
また日本酒 『十四代』には様々な種類がありますが、『十四代』商品名の【角新】や【新】は毎年11月3月の時期に登場する『しぼりたて』の『十四代』に付けられます。ただし、その時期にしか製造されない『龍泉(りゅうせん)』などには付きません。商品名の『山田錦(やまだにしき)』、『龍の落とし子(りゅうのおとしご)』、『酒未来(さけみらい)』、『愛山(あいやま)』、『出羽燦々(でわさんさん)』、『白鶴錦(はくつるにしき)』、『羽州誉(うしゅうほまれ)』などは原料の酒造好適米(酒米)の名称になっています。

その他の十四代シリーズも高価買取中!

幻の日本酒と言われる十四代には他にもシリーズがあり、全シリーズ高価買取中です!

・日本酒十四代の銘柄一覧
【大吟醸】
龍泉、白雲去来、龍月、双虹、七垂二十貫、中取り大吟醸、角新 播州山田錦、極上諸白、超特撰、秘蔵酒、龍の落とし子、酒未来、黒縄、白鶴錦、雪女神、特吟
【吟醸】
播州山田錦、播州愛山、備前雄町、赤磐雄町、龍の落とし子、酒未来、白鶴錦、槽垂れ 角新、おりからみ 角新、角新 出羽燦々、無濾過、無濾過 角新、純米 角新、別撰、吟撰
【本醸造】
秘伝玉返し 本丸、本丸 角新

お酒を電話で査定

お酒をLINEで査定

LINE査定

当店のLINEアカウントのQRコードを読み取るかバナー画像をタップしていただき、『お酒買取専門店リカル』のLINEアカウントを友達登録後、お酒の画像を送っていただくことで査定が可能です。画像が多いほど(全体像、表ラベル、裏ラベル、液面の高さがわかる画像、キャップ画像など)査定金額がより正確になります。ぜひお気軽にLINE査定をご利用ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる