名古屋市中区錦の飲食店様より、オーパスワン 2018を5本まとめて高価買取させて頂きました!

名古屋市中区錦の飲食店様より、オーパスワン 2018を5本まとめて高価買取させて頂きました!

本日は、名古屋市中区錦の飲食店様より、オーパスワン 2018を5本まとめて高価買取させて頂きました!
オーパスワンはカリフォルニアワインとして絶対的な知名度を誇り、ここ錦の飲み屋さんの中でも定番ワインとしてラインナップに必ず入っている程人気が高いワインで御座います。そんな人気の高さから、毎年値上がりし続けております。
名古屋市中区錦にあるお酒買取専門店リカルでは、オーパスワンのような高級ワインの買取にも力を入れております。当店ホームページにも買取参考価格を掲載しております。お問い合わせだけでも無料ですので、是非ご相談くださいませ!

目次

オーパスワンの高価買取なら、名古屋市中村区名駅のお酒買取専門店リカルにお任せください!

オーパスワンとは、フランスとアメリカ、それぞれを代表する2人の巨匠が手を組み、夢の実現として誕生したプレミアムワインです。ルドーメドック格付け第一級、シャトー・ムートン・ロスチャイルドを所有するバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド男爵とカリフォルニアワイン界の重鎮、ロバート・モンダヴィ氏という2人の巨匠が手を組み作られたこのワインのラベルには、二人の横顔が描かれています。
ちなみに、「Opus(オーパス)」とはクラシック音楽で使われる用語で「作品、作品番号」という意味。
オーパスワンという名前は、「一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインはメロディのようなものだ」という想いを込めて、ロートシルト男爵が名付けたのだそうですよ。
オーパスワンは、ワイナリーのオープンと同じ1979年にリリースされ、大きな話題を呼びました。
フランスのトップシャトーと、急成長を遂げているナパワインの立役者が組んだ、という話題性だけでなく、その作品が最高のものだったためです。
ロバート・モンダヴィ氏の取り組みによって着々と品質を上げてはいたものの、オーパスワンの発売当時、アメリカ産ワインは「大衆的で低品質」というイメージを持たれていた時代。
オーパスワンの成功はこの認識を覆し、「アメリカでも、本当においしいワインを作ることができるのだ」という証明になりました。
現在では、オーパスワンだけでなく多くの「ジョイントワイン」が世界中で生まれています。
「ジョイントワイン」の躍進はワインの序列を塗り替えたとも言われ、現在オーパスワンは、フランスの5大シャトーに引けを取らない評価を得ています。

オーパスワン高価買取中!

お酒買取専門店リカルではオーパスワン等の高級ワインの買取にも力を入れています。ワインの査定は非常に難しいですが、弊社では業界経験の長いスタッフがしっかりと確認させて頂きますので、安心してお取引頂けると思います。是非一度お問い合わせ下さいませ。

お酒を電話で査定

お酒をLINEで査定

LINE査定

当店のLINEアカウントのQRコードを読み取るかバナー画像をタップしていただき、『お酒買取専門店リカル』のLINEアカウントを友達登録後、お酒の画像を送っていただくことで査定が可能です。画像が多いほど(全体像、表ラベル、裏ラベル、液面の高さがわかる画像、キャップ画像など)査定金額がより正確になります。ぜひお気軽にLINE査定をご利用ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる