愛知県瀬戸市のお客様より、サントリー オールド 50周年記念ボトルを高価買取させて頂きました!(2022.5.22)

目次

愛知県瀬戸市のお客様より、サントリー オールド 50周年記念ボトルを高価買取させて頂きました!

本日は、愛知県瀬戸市のお客様より、サントリー オールド 50周年記念ボトルを高価買取させて頂きました!遠方よりお越し頂き誠に有難う御座いました!
サントリーオールドは昔から沢山のウイスキーファンより「だるま」の愛称で親しまれてきました。ボトルの形状やモルトとグレーンのブレンドの味わい、そしてインパクトのあるCMや広告で、世にインパクトを与えてきました。そんなサントリーオールドは今でも沢山の方に愛されています。
名古屋市中区にあるお酒買取専門店リカルでは、そんなサントリーオールドを高価買取中です!古いお酒や飲まないお酒の高価買取なら、お任せください!

愛知県でサントリーオールド50周年記念ボトルを名古屋市中区錦のお酒買取専門店リカルでは高価買取中!

サントリーの創業者、鳥井信治郎氏の掲げた「日本独自のウイスキーを造りたい」という理想のもと、「オールド」の原型となるウイスキーが誕生したのは昭和15年(1940年)のこと。スコッチの亜流を脱した、まさに“国産ウイスキーの最高峰”とも呼べる出来映えでしたが、実際に商品化されるには、戦争の終結を待たねばなりませんでした。
長きにわたる熟成を経て、「オールド」が発売されたのは、ようやく戦争からの復興が実感できるようになった昭和25年(1950年)でした。
当初は「高嶺の花」「出世したら飲めるウイスキー」という認識でしたが、経済成長を背景に少しずつ普及。丸くどっしりとしたボトル形状からついた「だるま」の愛称とともに、ウイスキーファンの支持を拡大し、やがてはサントリーの売上の大半を占めるほどの人気になります。

愛知県で飲まないお酒や古いお酒も高価買取中です!

サントリー系の古酒ウイスキーははジワジワと価格上がっております。
古酒の為状態の劣化も進んでしまいますので、もしお持ちの方は名古屋市中区錦にあるお酒買取専門店リカルまでご相談ください。

お酒を電話で査定

お酒をLINEで査定

LINE査定

当店のLINEアカウントのQRコードを読み取るかバナー画像をタップしていただき、『お酒買取専門店リカル』のLINEアカウントを友達登録後、お酒の画像を送っていただくことで査定が可能です。画像が多いほど(全体像、表ラベル、裏ラベル、液面の高さがわかる画像、キャップ画像など)査定金額がより正確になります。ぜひお気軽にLINE査定をご利用ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる