石川県金沢市のお客様から十四代 吟撰 720mlを高価買取させて頂きました!(2022.5.23)

石川県金沢市のお客様から十四代 吟撰 720mlを高価買取させて頂きました!

本日は、石川県金沢市のお客様から十四代 吟撰 720mlを高価買取させて頂きました!
十四代は山形県にある高木酒造で醸造されている日本酒ですが、やはり東北地方での流通が多いようです。この度は、今までご売却していた所以外の査定も気になったようで、全国の買取店で探された結果当店にお任せ頂きました!
十四代は一般流通がなく特約店でしか入手できないプレミアム日本酒です。その為、どの銘柄もプレ値が付きますので、とても高額に売却が可能です。
名古屋市中村区にあるお酒買取専門店リカルでは、遠方のお客様でも宅配にてスムーズな買取が可能となっております。せっかくの希少な十四代をご売却される際は、是非一度お声かけ下さいませ。

目次

石川県金沢市で十四代の高価買取をお探しのお客様は、愛知県名古屋市にあるお酒買取専門店リカルにお任せください!

概要

江戸時代初期の1615年(元和元年)、高木家が現在地で酒造りを行ったことに始まる。長らく「朝日鷹」が代表的銘柄であったが、1993年(平成5年)、14代目・高木辰五郎から15代目・高木顕統(あきつな)[2]に引き継がれた後、「十四代」となった。現在、15代目・高木顕統が日本酒を醸造・販売する老舗酒造会社である[3]。「十四代」の由来

「十四代」はかつて、特別の古酒だけに付けていた。現在の「十四代」は、14代目・高木辰五郎から15代目・高木顕統へと受け継がれ、杜氏として初めて完成した酒に「十四代」と命名した[3]。代替わりの頃、日本酒は「淡麗辛口」が人気だった。父親から蔵の継承を打診される直前、顕統は福島県の東山酒造(後に廃業)の、のうまみが感じられる「写楽」という日本酒を飲んで衝撃を受け、「芳醇旨口」と表現される「十四代」の開発につながった。「十四代」は日本酒の中でも入手が困難で高価な銘柄となっている[2]

その他の十四代シリーズも高価買取中!

幻の日本酒と言われる十四代には他にもシリーズがあり、全シリーズ高価買取中です!

・日本酒十四代の銘柄一覧
【大吟醸】
龍泉、白雲去来、龍月、双虹、七垂二十貫、中取り大吟醸、角新 播州山田錦、極上諸白、超特撰、秘蔵酒、龍の落とし子、酒未来、黒縄、白鶴錦、雪女神、特吟
【吟醸】
播州山田錦、播州愛山、備前雄町、赤磐雄町、龍の落とし子、酒未来、白鶴錦、槽垂れ 角新、おりからみ 角新、角新 出羽燦々、無濾過、無濾過 角新、純米 角新、別撰、吟撰
【本醸造】
秘伝玉返し 本丸、本丸 角新

十四代の買取は、愛知県名古屋市にあるお酒買取専門店リカルにお任せ下さい!!他店徹底対抗、買取価格に自信あり!他店の見積書提示で同額以上をお約束いたします。十四代の高価買取は、愛知県名古屋市のお酒買取専門店リカルまで。

お酒を電話で査定

お酒をLINEで査定

LINE査定

当店のLINEアカウントのQRコードを読み取るかバナー画像をタップしていただき、『お酒買取専門店リカル』のLINEアカウントを友達登録後、お酒の画像を送っていただくことで査定が可能です。画像が多いほど(全体像、表ラベル、裏ラベル、液面の高さがわかる画像、キャップ画像など)査定金額がより正確になります。ぜひお気軽にLINE査定をご利用ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる