三重県桑名市のお客様から、ワイルドターキー 12年 旧ボトル ゴールドラベルを買取しました!

三重県桑名市のお客様から、ワイルドターキー 12年 旧ボトル ゴールドラベルを買取しました!

本日は、三重県桑名市のお客様より、ワイルドターキー 12年 旧ボトル ゴールドラベルを買取しました!
「ワイルドターキー」のブランド名は、1940年に遡り、当時のオースティン・ニコルズの社長、トーマス・マッカーシーが自慢の101プルーフ(アルコール度数50.5%)のバーボンを七面鳥ハンティング仲間にふるまったところ好評を博し、仲間の一人が七面鳥にちなんで「ワイルドターキー」と名付けたことに由来するそうです!
古き伝統のあるワイルドターキーですが、根強い人気から今でもマニアの中でも大変人気の銘柄です。高価買取が期待できますので、是非ご売却をご検討されているお客様は、愛知県名古屋市にあるお酒買取専門店リカルにお問い合わせ下さいませ。

目次

三重でワイルドターキーの買取は、愛知県名古屋市のお酒買取専門店リカルにお任せください!

■ブランドシンボルは七面鳥

言わずと知れた王道バーボンウイスキー「ワイルドターキー(WILD TURKEY)」は、アメリカ合衆国第34代目を歴任したアイゼンハワー大統領がもてなしの際に振る舞う愛飲酒だったことで広くその名を轟かせたバーボンで、前任者であったルーズベルトやクーリッジ、後任のジョン・F・ケネディなど歴代の大統領たちにも好んで飲まれていたと言われています。
こだわりの原料と製法で造られるワイルドターキーのシンボルといえば、全ラインナップのラベルに描かれたブランド名の誕生に所縁のある七面鳥です。
「ワイルドターキー(WILD TURKEY)」というブランド名の誕生は今から約80年以上前の1940年代に遡ります。
当時、蒸溜所のオーナーであるトーマス・マッカーシー氏が知的なスポーツのひとつとして嗜んでいた七面鳥狩りに出かける際に、貯蔵庫から特別にブレンドした101プルーフ(アルコール度数50.5%)のバーボンを持参ことから始まります。
七面鳥ハンティングは1年に一度仲間たちと開催していたそうで、参加者は何か珍しいものを持ち寄せるというオリジナルのルールがあったことからバーボンを振る舞う機会を得たということです。
自信作でもあったバーボンは非常に好評で、仲間から集まりのきっかけとなった七面鳥に因んで「ワイルドターキー」とネーミングされます。ユニークな呼び名が気に入ったマッカーシー氏は、のちにそのまま自身がオーナーとして造るバーボンのブランド名に採用しました。
このブランド名誕生秘話は有名なエピソードとして今に語り継がれています。

■ワイルドターキー蒸留所の歴史

ワイルドターキー蒸留所は、アンダーソン群ローレンスバーグの町のはずれ、ケンタッキー川を見下ろすワイルドターキー・ヒルに建つ蒸留所です。
1980年以降は、フランスの巨大酒類メーカーであるペルノ・リカール社が創業会社であるオースティン・ニコルズ社に代わってブランドの所有者となっています。
ワイルドターキー蒸留所が開設されたのは1905年。
1869年からタイロン周辺でウイスキー造りに携わっていたリピー家の3兄弟が建てた蒸留所を起源としており、当時は一族の名を冠したリピー蒸留所という名称で創業されていました。
その後、オーナーを転々と渡り歩いたリピー蒸留所は1970年にバーボンの製造に本腰をいれて参入したオースティン・ニコルズ社に買収されることとなります。
「こだわりのケンタッキーバーボン」と称賛されるワイルドターキーは、在職歴世界最長の現役マスターディスティラーであるジミー・ラッセル、そしてその息子であり4代目マスターディスティラーのエディ・ラッセルによって注意深く吟味されながらつくられています。
父と息子が同時に現役マスターディスティラーに就任したのはワイルドターキーが初でもあります。
父・ジミー・ラッセルは2000年に、息子・エディ・ラッセルは2010年に親子でケンタッキー・バーボンの殿堂入りを果たすなど多大な功績を残しており、2007年にはライウイスキー「ラッセルズリザーブ」や「アメリカンスピリット」といった上質なバーボンも発表しています。

■ワイルドターキー12年

原酒不足により供給が難しくなった12年熟成のワイルドターキーはすでに終売となっており、流通数が少ない現在では非常に貴重なボトルとなりました。
12年の終売後には、マスターディスティラーのラッセル親子が特別にブレンドを手掛けたプレミアムバーボン「ワイルドターキー13年 ディスティラーズ・リザーブ」がリリースされています。
終売品の「ワイルドターキー12年」は、内側を深く焦がされたオーク樽から生まれる「クロコダイルスキン」と呼ばれる深い琥珀色がしっかりと表現されたバーボンです。
カラメル感のある芳醇な甘さを特徴とした香りとスパイシーな味わいが飲む者を魅了します。
バニラや木の香りは心地よい甘さとコクを印象付け、ほんのり広がるフルーティな風味が人気です。
デザインの変還を重ねてきたワイルドターキーでは、特に空を飛んでいる七面鳥がラベルに描かれたオールドボトルの人気が高くコレクターの間では「フライングターキー」という通称でも有名です。

その他のバーボンウイスキーも高価買取中!

お酒買取専門店リカルでは、国産ウイスキーだけでなくスコッチやバーボンウイスキーなど海外ウイスキーの買取も行っております!
弊社の強みでもある、「必要なところへ必要なものを」精神で、必要としてくれているお客様の元へ直接お届け致します。お酒の事ならなんでもご相談くださいませ!
愛知県名古屋市にあるお酒の買取専門店リカルでは、古いお酒や飲まないお酒の高価買取を行っております!一度お問い合わせ下さいませ!

お酒を電話で査定

お酒をLINEで査定

LINE査定

当店のLINEアカウントのQRコードを読み取るかバナー画像をタップしていただき、『お酒買取専門店リカル』のLINEアカウントを友達登録後、お酒の画像を送っていただくことで査定が可能です。画像が多いほど(全体像、表ラベル、裏ラベル、液面の高さがわかる画像、キャップ画像など)査定金額がより正確になります。ぜひお気軽にLINE査定をご利用ください。

よかったらシェアしてね!
目次